どんな賃貸物件探してますか?

犯罪から身を守る

増加する犯罪の被害者に遭うことを心配して、女性向けの賃貸住宅を探す女性も増えてきているようです。
女性向のアパートやマンションとそうでないアパートマンションと何が違うのでしょうか。
大きな違いは防犯システムにあるようです。
例えば防犯カメラや24時間の緊急対応システムがあるといった防犯システムが備わっています。
初めての一人暮らしや治安が心配な地域などまた娘さんが初めて実家を離れる場合などできればこういった女性向けのマンションに住まわせたいと思うのではないでしょうか。
東京23区内でも根気よく探せば5万円代でも女性向け賃貸住宅があるそうです。
女性向けマンションは防犯以外に内装が女性に好まれるような優しい雰囲気にしているところも多いです。
さまざまな犯罪グッズが売られており、犯罪から身を守るために罪のない側がお金をつぎ込まないといけないというのはなんとも不公正なことです。
犯罪者は利己的な動機で罪のない人を苦しめたあげくもし警察につかまれば刑に服します。
実刑に処されることはある意味住むところ食べることを心配しなくていいことをも意味します。
しかもそれはすべて罪のない一般の人の払う税金で賄われているのです。
一方で犯罪の犠牲になった人は長期にわたる実際の傷と心の傷をいやすのに苦しみます。
犯罪が無くなることは誰しも願うことです。
犯罪にあわない対策よりも犯罪者をうみださない社会やシステムが必要なのはあきらかではないでしょうか。
同じ親に育てられても犯罪者になる人とそうでない人に分かれます。
一日も早く犯罪のない社会が実現してほしいものです。
そうすれば心配する必要はありません。
また女性向けマンションは必ずしもどの都市にもあるものではありません。
特に地方都市には場所によって全くないところもあります。
そういった場合は安全なところを探すしかありません。
大きな道路に面していれば安心感があるという人もいます。
できるだけ地元の人から情報をよく集めて安心して暮らせるところを探したいものです。
どんなに気をつけても犯罪の犠牲者になることを完全に避けることはできないかもしれません。
自分でできる防犯対策としてはほかにも防犯カメラをつけることも出来ます。
防犯カメラの中には本物とダミーもあります。
ダミーであっても効果があるのです。
また空気を入れてふくらませて窓際において人のように見せかけるものもあります。
犯罪の犠牲者にならないために自分で身を守るしかないのです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright (C)2017どんな賃貸物件探してますか?.All rights reserved.