どんな賃貸物件探してますか?

フリーレントとは

日本語は学ぶのに難しい言語の一つといえるかもしれません。
ひらがな、カタカナ、漢字、アルファベットが文章に並びます。
外来語がカタカナに変わることも多く、意味が分からなく、何となく使っていることもあります。
その中にフリーレントという言葉があります。
賃貸で使われるようですが、直訳したたら無料の意味です。
もともと、オフィス賃貸などで使われていた言葉のようですが、最近は普通の賃貸物件でも使われるようになっているようです。
では、フリーレントとはどのような意味なのでしょうか。
調べてみますと、物件によります、1か月から6か月ほど家賃を無料にするということです。
家賃を無料にするならその分平均的に家賃を安くすればいいと思うかもしれません。
しかし、家賃を下げずに無料にすることにはメリットがあるのです。
例えば、オフィスを貸している場合、隣の人が自分より賃料が安いと知った場合どう思うでしょうか。
私の所も安くしてくれというのではないでしょうか。
しかし、家賃が同じであればそのような問題も生じにくくなります。
そして、オフィスやマンションであれば投資目的で購入している人もおり、資産価値が減るのを防ぐことが出来ます。
例えば家賃収入を計算する場合、ひと月いくらで年間いくらになるか計算すると思います。
最初の数か月はサービスのようなものですから、その計算には影響しないのです。
オフィスを空けておくよりは貸した方がいいのでいい方法ではないかと思います。
そして、最近では賃貸マンションやアパートなどでもフリーレントが増えているようです。
しかし、気をつけなければならないのは2年契約の縛りなどがあるのですぐに引っ越す可能性がある場合はよく考えたほうがいいでしょう。
では、どのように探したらいいのでしょうか。
少しずつ知られている言葉ですが、それでもまだメジャーになったわけもありません。
検索エンジンでも自分の住みたいエリアに見つかるとは限りません。
ですから一番いい方法は不動産屋さんに直接フリーレントの物件がないか聞いてみることです。
もしあれば、掘り出し物かもしれません。
わけあり物件の可能性もありますから下見は必ずした方がいいでしょう。
今後、フリーレント物件は増えるのではないかと思います。
それでもよく計算して目先の無料という言葉に惑わされないように気をつけましょう。
もし、気に入った場所に気に入ったアパートやマンションが見つかるならそれは素晴らしいことです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright (C)2017どんな賃貸物件探してますか?.All rights reserved.