どんな賃貸物件探してますか?

ルームシェアリングはどうか

収入が限られている若者にとって家賃を低く抑えることが出来るかどうかは大事な問題です。
実家にいるならまだいいですが、東京23区の中で暮らしているなら切実な問題です。
最近では家賃を抑えるためにルームシェアリングという選択肢を選ぶ人も徐々にですが増えているようです。
特に夢や目標があって都会に出てくる人は何でも我慢するのでしょう。
海外ではルームシェアリングはすでにある賃貸のパターンですが日本ではまだわずかかもしれません。
では、最近のルームシェアリング事情はどのようなモノでしょうか。
調べてみましょう。
ルームシェアリングを選ぶ理由の一つに人との触れ合いを求める場合があります。
帰ってきた時に家に灯りが付いていることで安心感を得ることが出来るようです。
共用スペースがあり、住民同士でコミュニケーションをはかることも出来ます。
孤立しやすい社会においてそのような人と触れ合う場所が限られていますので、現代人には魅力なのかもしれません。
もちろん家賃の安さも魅力の一つです。
しかし、プライバシーが限られている場合が多くあります。
あるアパートは一部屋に2段ベッドが3つ置いてあって6人暮らせるようになっていますが、自分のスペースはベッドの上だけです。
まるで学生寮です。
それでも楽しく暮らしていました。
ただし、トイレやシャワールームなどは共用になるため潔癖症な人や細かい人は他の人と一緒に暮らすのは難しいのではないかと思います。
性格が大雑把で細かいことを気にしない人はいいと思います。
東京23区や大阪市内で割安の物件を探すのは難しいと思うかもしれませんが掘り出し物を見つけることも出来るでしょう。
しかし、そのような物件はネットにはなかなか出てこないので足で探す必要があるかもしれません。
最近の傾向としては駅に近いとか便利とかきれいとかだけではアパートや賃貸マンションをいっぱいにすることは難しいようです。
人々をひきつける魅力がなければなりません。
逆に言えば他にない魅力があれば家賃が少々高くても住み手を見つけることが出来るのです。
今若者に人気のルームシェアリングも若者のニーズをとらえていると言えるかもしれません。
今後日本全国で空き物件が増えると思われます。
それを有効に使うビジネスが増えるかもしれません。
またアイデア次第では地方の活性化にもつながるかもしれません。
いずれにしても若者のニーズは絶えず変わるので常にアンテナを張り巡らせておく必要があるでしょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright (C)2017どんな賃貸物件探してますか?.All rights reserved.